病気で住宅ローンが払えない

病気で住宅ローンを払えない時に知っておきたいこと

病気で住宅ローンを払えない

住宅の購入は、多くの人が一生に一度あるかないかの大きな買い物です。
費用は高額となるため購入には住宅ローンを組み、何十年もかけて毎日コツコツと返済を続けることになります。しかし、せっかく苦労して手に入れた夢のマイホームも、大きな病気をすれば住宅ローンが払えない状況になる人も少なくありません。

 

病気で働けなくなれば当然収入は途絶え、もしも長引くようなら住宅ローンの支払いどころか治療の費用や毎日の生活費用を工面するのも大変になることが予想されます。

 

もしも働けなくなった場合、住宅ローンをどうするかについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

まずはローン会社に連絡を

病気はいつ何時自分に襲い掛かってくるかわかりません。まして高額な医療費を支払わなければならないとなると、保険ではカバーしきれないものもたくさんあります。
この状態が長引けば貯蓄も底を尽き、とても住宅ローンの支払いどころではなくなってくるでしょう。

 

もしもそのまま放置すれば自宅が競売にかけられてしまう恐れも出てきます。

 

体調がすぐれない時には大変ですが、まずはローン会社に事情を話して掛け合ってみましょう。返済期間を伸ばしてもらえれば月々の負担が少なくなりますし、大金の出費となるボーナス払いはストップしてもらうのが得策です。
もちろん、ローン会社にとっては喜ばしいことではありませんが、見通しを立てて必ず返済をしていくという意思を表示すれば応じてくれる可能性は少なくありません。

 

でも、中には頑として譲らない姿勢を取るローン会社があるのも事実です。そのような場合には、夢のマイホームも手放さなければなりません。

 

スポンサーリンク

 

競売か任意売却か

自宅を売却するには、競売に出されるか任意売却するかという2通りの方法があります。しかし、競売となれば相場の50%程度で落札されることが多く、落札後にはすぐさま家を出なくてはなりません。

 

病気といえども放置すれば競売となることがあるので、ローン会社に相談して任意売却するよう進めていきましょう。任意売却であれば、相場の10%減程度で済む場合が多く、引っ越し費用を出してもらえることもあります。

 

団体信用生命保険に入っておく

住宅ローンの支払い期間は長期に及ぶため、万が一の状況を想定して団体信用生命保険に入っておくというのもおすすめです。団体信用生命保険とは、死亡または高度障害状態となり住宅ローンが払えなくなった時に、残額が保険金で支払われるというものです。

 

保険にはいくつか種類があり、糖尿病や肝硬変などが保障対象となっているものもあります。既に入っている生命保険に保障が含まれている場合もあるので、住宅ローンを組む際には良く確認しておくと良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

▼この記事もよく読まれています