中学生の学費

中学生の学費|公立・私立3年間の費用のまとめ

義務教育という中学ですが、親の金銭的な負担は決して少なくありません。あらかじめかかる費用を把握しておくことは子供のためにも重要ですね。

 

生活保護を受給している世帯は「教育扶助金」で中学生までの学費は無料です。
では、いったいどのくらいの金額がかかるのでしょうか。学年別に年間にかかる費用をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

公立の中学校の年間の負担は約45万円

2012年度の調査によれば、公立の中学校では1年間に45万円ほど費用がかかるといわれています。学年別に見ると、

  • 中学1年 46万円
  • 中学2年 40万円
  • 中学3年 50万円

となり、高校受験を控えた中学3年生は塾代などがかかるため多少高くなっていることがわかります。
また、それぞれの内訳を見ると、@学校教育費、A学校給食費、B学校外活動費などに分かれます。

 

<主な内訳>
@学校教育費   13万円
A学校給食費  3万円
B学校外活動費  28万円

 

@学校教育費ってどんなもの?

次に、内訳を一つずつみていきましょう。
まずは年間13万円程度かかる@学校教育費ですが、さらにその内訳を見ると、

 

<主な内訳>
・授業料 年間 0円
・学用品 年間 2.5万円
・教科外活動費 年間 3万円
・修学旅行代 年間 2.5万円
・通学関係費 年間 3.5万円
・学校納付金 年間 1.5万円

 

となります。義務教育なので授業料は0円ということになりますね。

 

B学校外活動費ってどんなもの?

A学校給食費はそのまま給食にかかる費用として、B学校外活動費とはどんなものなのでしょうか。

 

<主な内訳>
・塾代 年間17.5万円
・家庭教師代 年間3万円
・家庭内学習代 年間1.5万円
・スポーツレクリエーション代 年間2万円
・文化活動代 年間2万円

 

中学生になると、学校の外でもいろいろ活動する機会が増えて、たくさんの費用がかかりますよね。その代表的なものが塾代でしょう。中学生の平均塾代は、年間17.5万円ほどだといわれています。

 

また、家庭によっては塾に加えて家庭教師を付けることもありますし、家庭で行う学習のための教材がある程度必要となります。
さらに、部活などスポーツレクリエーションや文化活動を行うためある程度費用がかかります。

 

スポンサーリンク

 

生活保護を受給している世帯には「教育扶助金」が支給されますが、進学は公立中学校となります。
原則、私立中学校への進学は認められないのがほとんどです。

 

私立は公立の3倍かかる!

首都圏周辺などでは、中学から私立にと考える家庭もたくさんありますよね。
私立の場合、費用の合計は公立の3倍はかかるといわれています。

 

内訳の名目は公立とほとんど同じとなりますが、金額が膨れ上がるものは限られてきます。

 

それは、なんといっても@学校教育費です。これは3倍では足りずに7〜8倍の100万円はかかります。中でも違いが大きい内訳は以下の通りです。

 

<違いが大きい内訳>
・公立授業料年間 0円 → 44万円
・学校納付金 年間 1.5万円 → 26.5万円
・通学関係費 年間 3.5万円 → 13万円

 

一方、A学校給食費やB学校外活動費などはほとんど変わらないといえます。それどころか、学校が力を入れてくれているので塾代などは私立の方が安く済みます。

 

といっても、やはり合計すれば公立より私立の方が合計3倍はかかるのが実情です。高校、大学での費用も考えると、どちらにするかは慎重に考えたいものですね。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

この記事もよく読まれています