生活保護受給者とケースワーカー

生活保護受給者とケースワーカーの関係って?

 

生活保護受給者の家庭訪問を行うのがケースワーカーです。

 

この時に、何を聞かれると思いますか?

 

個人のプライバシーに踏み入って欲しくないという方もいるようですが、家庭訪問は必要があって行われるものです。

 

ここでは、生活保護受給者とケースワーカーの関係をみていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

気になる!家庭訪問の内容

 

さて、家庭訪問の内容としては、現状生活で困っていることは無いかと言ったことや、仕事をきちんと探しているかどうかと言ったことを聞かれることとなります。

 

突然やってくることもありますし、あらかじめ電話での連絡があるなど、ケースとしては様々です。ただし、自宅訪問については、特に問題が無ければ10分と掛からず終了することが多いです。

 

この際に困ったことがあれば何でも打ち明けることができますし、話し相手がいない状況であればいくらか心が救われたような気持ちにもなります。こうした点においてはかなりケースワーカーの存在は重要であると言えるでしょう。

 

頻度はどれくらい?

 

ケースワーカーは、月に最低でも1度家庭訪問を行います。

 

この家庭訪問では、現状の報告をしてもらうことはもちろんですが、職員としてはなるべく早く生活保護を抜け出して自立してほしいと言った考えから、様々な提案を持ちかけることとなります。

 

スポンサーリンク

 

抜き打ちでの家庭訪問

時には抜き打ちでの家庭訪問で実態を探るといったことも行われるわけですが悪意があるものではありません。
生活保護を受けているということから、生活の危機に瀕していないか、高齢者の場合ならば倒れてしまっていないかということを見回る意味でも時々抜き打ちで家にやってくることももあるのです。

 

ケースワーカーはどんな資格か

 

生活保護を受けている人に対して働きかけをする人のことをケースワーカーと呼んでいます。

 

これは、別名都市tソーシャルワーカーと呼ばれることもありますし、スーパーバイザーと呼ばれることもあります。

 

また、生活保護以外の担当がケースワーカーである場合もあります。これは何かの資格ではないかと思われるでしょうが、厳密にいうと資格ではなくて、福祉事務所で相談援助の現場で働く職員の通称を指します。

 

本来は役所内だけの言葉で終わりそうなものですが、現在は福士を中心に生活相談に乗ってくれる人の通り名として使われることが大野です。

 

単純に生活保護受給者とケースワーカーとは、ただの役所の人間というだけでは終わらないような奇妙な関係となることもあり得るのです。

 

それくらい、ケースワーカーは生活保護受給者の生活改善提案に真剣に取り組んでくれるのです。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

この記事もよく読まれています