生活保護と学資保険の解約

生活保護の受給と学資保険

 

生活保護と学資保険、お子様がいるご家庭ではとても気になるところだと思います。
相変わらず不景気が続く中、生活保護を受給する世帯も増え続けていますよね。

 

生活保護を受けるとなると、持っている資産は全て調査の対象となり、一定以上の資産があれば支給の対象とはなりません。
生命保険なども基本的には資産と見なされる ので解約するよう指導されることがほとんどです。

 

そして、学資保険も生命保険の一つとされているので、やはり基本的には解約しなければならないようです。

 

スポンサーリンク

 

子供にためになんとか残したい

学資保険は子供の大切な教育資金なわけで、何とかこれだけでも加入し続けられないものだろうかと考えるご両親も多いことでしょう。

 

でも、生活保護を受給できるようになると、小中学生対象の教育扶助、高校生対象の生業扶助という枠から必要な額が支給されることになります。
なので、やはり学資保険といえども解約することが必要ということのようですね。

 

ただし、解約には例外がある

でも、学資保険の解約には例外があります。
知っておけば解約しなくてよかったのに・・ということになり兼ねませんからしっかり抑えておきましょう。

 

以下の3つ全てを満たしている場合は、解約させなくても良いことになっています。

 

・学資保険の被保険者と受取人が同じ世帯に住んでいること。
・解約した際の払い戻し金の使い道が、同じ世帯に暮らす子供の学費であること。
・学資保険がスタートした時点で、解約払戻金が50万円を超えていないこと。

 

という3つです。
つまり、同じ世帯に暮らす親子で子供の学費を目的にかけているもので、解約払戻金が50万以下であれば解約しなくてよいということですよね。

 

スポンサーリンク

 

でも、学資保険を残すのは実際には難しい?

といっても、実際には解約せざるを得ないことになる場合もあるみたいですね。

 

事務所によっても対応は少し異なるということもありますが、
上記の3つ全てを満たしていても、半年以上生活保護を受ける可能性のある世帯の場合は、解約するよう指導させるようです。
でも、解約したとしても、そのお金は資産に該当するとはいえず、返還する必要はありません。

 

とはいえ、完全に加入し続ける道がないわけではありませんので、生活保護の受給を受ける際には担当者によく確認した方が良いでしょう。

 

生活保護受給者は加入できる?

では、生活保護を受給している人が、これから先のことを考えて、学資保険に加入することはできるのでしょうjか?

 

結論をいうと、生活保護をすでに受給している人は、学資保険に加入することは難しくなります。
保険加入時には審査があり、保険料を払い続けられるのかどうかが審査されることになります。当然、加入は難しいといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

この記事もよく読まれています