消費税増税と低所得者の負担

消費税増税:低所得者の負担はどうなる?

 

消費税8%の生活にはもう慣れたはずですが、やはりレシートをまじまじと見るとあまりの高さにがっくりきている人も多いのではないでしょうか。

 

それなのに、約1年後となる2017年4月にはさらに上がって10%になるんですよね。全くもって信じられない話しです。

 

しかも、消費税の増税は低所得者層により重い負担を強いているというのです。いったいこれはどういうことなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

税率10%の重さ

 

物を買うこと自体に所得の高さに関係ないですよね?誰でも物を買わなければ生きていくことはできません。高所得の人も低所得の人もそれは同じです。

 

ただ、高所得の人はお金に余裕があるからなのか、実にたくさん物を購入するようです。お金に余裕があるので、消費税が3%だって10%だって買うものは買うんです。

 

ところが低所得者層はどうでしょうか。
お金に余裕というものがない低所得者は、3%→5%→8%と消費税が上がるにつれて、買いたいものも我慢してどんどん切り詰めなければやっていけない生活を強いられるようになりました。

 

この傾向は、特に地方に住む40歳以下の人に多いといわれています。もともと消費税は社会保障の財源を確保するという目的のもとで始まったことでした。

 

社会保障というのは弱者支援であるはずです。
ところが、消費税増税はこの弱者を苦しめる結果となってしまったわけです。

 

スポンサーリンク

 

低所得層ほど負担率が大きくなる

また、切り詰めるといっても、やはり最低限のものを買わなければ最低限の生活もままならなくなります。
切り詰めるのにも限度というものがあるわけです。

 

高所得層の人々はお金に余裕があるので、さして切り詰めることもしていない人がほとんどでしょう。消費税が増税されれば、たくさん買う分だけ負担額は低所得の人より多くなります。

 

でも、負担率からいえばまるで逆のことがいえるのです。いくら切り詰めに切り詰めたところで、最低限の生活を送るにはやはり一定以上は買わなければならないからです。

 

・消費税8%の負担率
年収300万円未満という世帯では、6.5%、
年収1000万円以上の世帯では、2.7%でしかありません。

 

その差は3.8%と、これだけでもかなりの差なわけですが、10%に増税されればこれはさらに広がります。

 

・消費税10%の負担率
年収300万円未満の世帯では、8.1%、
年収1000万円以上の世帯では、3.4%という試算がされています。

 

その差はなんと4.7%にまで広がってしまうのです。

 

この残念すぎる現象を解消するために軽減税率の導入が検討されているようですが、その効果には疑問も出ています。
現金給付が何より効果的ともいわれていますが、果たしてどうなるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

この記事もよく読まれています