生活保護と借金と自己破産

生活保護は借金で自己破産しても受けられますか?

 

生活保護を受ける前に借金をしてしまっている方は、少なからずいらっしゃいます。

 

生活保護の申請をした後、自己破産することはできるのでしょうか?

 

生活保護を受けている状態で自己破産をすることは可能なのかとう点も含めて、詳しくみていきましょう。
自己破産することで、生活保護を受けられなくなっては大変ですよね?

 

スポンサーリンク

 

自己破産することは可能!

 

結論からいうと自己破産は可能です。
ここでのポイントは、自己破産が可能な条件です。これは支払い能力がないことであり、生活保護受給者も条件にあてはまるため自己破産が可能となっているのです。

 

生活保護の費用から借金を返済することはできないため、生活保護申請の段階で自己破産をすすめられることもあるようです。結果的に申請が認められる可能性が上がることもあるそうです。

 

逆の流れで、自己破産してから生活保護を受けることは可能なのでしょうか?

 

こちらも結論から言うと可能です。自己破産と生活保護に関してはまったく関係がありません。

 

自己破産をした結果、借金の返済義務がなくなるというだけで、特に収入になることもありませんし、仕事が決まるようなことも当然ありません。自己破産が成立したから100万円手に入ったというのであれば、生活保護自体が打ち切りになる可能性もありますが、そういうことでもありませんよね。

 

スポンサーリンク

 

生活保護の費用からは借金の返済を認めていない

 

そもそも生活保護の費用からは借金の返済を認めていないわけですから、借金があろうがなかろうが支給されることに対しては変わりはありません。

 

また、前述の通り、地域によっては自己破産をすすめられるくらいですから、生活保護受給者が自己破産をしたとしても、生活保護費は問題なく支払われると見ていいでしょう。

 

そもそも、自己破産を行った後でも生活保護の申請は可能ですし、自己破産の手続きと合わせて生活保護の申請を出した方が結果として許可が下りやすい傾向があるようです。

 

自己破産後の年金、失業保護

 

自己破産を行ったら、失業保護は差し押さえられえると思っている方もいると思いますが、こうした部分については国の法律により差し押さえ禁止財産となっているため、自己破産したからと言ってもこれらの財産の差し押さえや支給のストップが行なわれることはありません。

 

また、年金額が変わるようなこともありませんから安心してもいいでしょう。

 

もしも不明な点があれば、法律の専門家に聞いてみるのもいいでしょう。

 

このとき、自己破産の申請はもちろん、生活保護の申請まで引き受けてもらえる場合もあるとのことです。とにかく分からないことがあれば、聞くことからスタートさせることがポイントです。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

この記事もよく読まれています