住宅ローンが払えない

住宅ローンが払えない場合に家はどうなる?

住宅ローンが払えない

住宅ローンは引き落としになっていることがほとんどですね。「口座にお金がない!住宅ローンが払えない」という場合の先を見据えた対策方法をご紹介します。

 

ちょっと一呼吸置いて考えて下さい。

 

住宅ローンが払えないのは、一時的なことですか?それとも、これから先も払えないのですか?状況によって最善の対策は変わりますよ。

 

スポンサーリンク

 

今月だけ払えない状況なら?

 

住宅など大きなものの購入は、一生に一度くらいしかないですよね。
また、購入した当初は支払える見込みがあっても、長い年月が経つ間にはさまざまなことがあるものです。病気やリストラなど、自分だけではなく家族に問題が起こった場合にも払えない状況に追い込まれることがあります。

 

そして、知っておいて欲しいのは、あなたには、はじめてのことで一大事だとしても、ローン会社にとってはよくある話なのです。

 

さまざまな理由で住宅ローンが払えない状況になってきたらまずは毎月の返済額を少なくしてもらうなり、返済期間を変更してもらうといったことをローン会社に相談しましょう。

 

まじめな人ほど、相談できないでとりあえず借金をして返そうとしてしまいます。
返済できる見込みがあればそれでもいいのですが、とりあえず借りるというのは絶対にやめて下さい。今、払えない状況のあたなに、二重返済は相当キツイです。

 

厳しいことをいうようですが、とりあえずという対応はやめて、ローン会社に相談してこれから先、返済可能な状況を作ることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

これから先も払えないなら?

 

もはや自己破産するしかないのか・・などと思い詰める人も結構いますが、そんな必要はありません。
状況に応じていろいろな方法が考えられますが、まずは、任意売却という方法をご紹介します。

 

任意売却とは

任意売却とは任売(にんばい)とも呼ばれ、住宅ローンが払えない状況に陥った時、あなた(債務者)と金融機関(債権者)との合意によって売却することです。

 

住宅を購入する時にローンを組むと、ローン会社はその住宅に抵当権を設定します。抵当権を設定することで、万が一、債務者が払えない状態になった時にその住宅をお金の代わり(担保)とするわけです。
そして、この抵当権が設定されている住宅は、売却金額がローン残高を超えない場合は売却が難しいことがあります。しかし、任意売却となれば抵当権を解除することが可能なのです。

 

任意売却の特徴

任意売却は滞納による強制的な競売などではなく双方の自由意志に基づいて行われるもので、一般的な市場で売却をすることです。競売のように住宅の内部が一般公開されることもありませんし、裁判官が調査に来たり不動産業者が落札目的に押し掛けるといったこともありません。

 

このようなことがあると競売にかけられていることがご近所にわかってしまい、その後に住み続けることが難しくなることもありますが、任意売却であればそんな心配もないのです。
また、例え任意売却で住宅ローンを完済できなかったとしても、残った分を状況に応じて少額返済することも認められます。

 

任意売却は、債務者にとっても悪いことばかりではありません。このままズルズルと払えない状態が続いてしまうよりも、出来るだけ多くを速やかに回収できた方が良いのです。また、競売となればお金も手間もかかりますが、そういったものがないのも任意売却の特徴なのです。

 

このようなことから、多くの金融機関では競売よりも任意売却をすすめているのが実情なのです。
住宅ローンが払えない状態になったら、任意売却の手続きを考えるのも一つの方法です。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

▼この記事もよく読まれています

 

 

住宅ローンが払えない|ローンを滞納した場合に家はどうなる?記事一覧

賃貸に出す

住宅ローンが払えないから賃貸に出すのはどう?引越しした場合や相続で受け継いだ家などは住むことがないので、売却す...

税金を滞納しても住宅ローンを払うべき?生活していくにはさまざまところにお金が必要になるもので、時にはどこにも支...

老後破産の実態|住宅ローンが払えない場合はどしたらいい?2014年の9月に放送された「NHKスペシャル 老人漂...

病気で住宅ローンを払えない時に知っておきたいこと住宅の購入は、多くの人が一生に一度あるかないかの大きな買い物で...