家計節約方法

家計節約方法【ざくざく貯まる!かんたん家計簿のコツとは?】

 

家計節約方法

家計節約方法といえば、まずは家計簿を付けることにあります。

 

「家計簿は面倒」というイメージがあると思う人も、ちょっとこの記事を読んでみてください。家計簿は完璧を目指さなくても良いのです。

 

要はお金の出入りが把握できればいいわけです!
ざっくり把握できれば節約できるようになります。

 

ここでは、家計簿をはじめ家計が助かる効果的な節約術をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

気楽に家計簿をつけよう

まず、最初に、ざっくり家計簿のコツは1円まできっちりつけないことです。。
だいたいでも十分効果があります。

 

レシートで作る簡単な家計簿

 

レシートをノートに貼り付けるのも立派な家計簿になります。
ただ、ノートにはるだけで家計節約方法につながるものなのです。

 

1日分のレシートを1ページに貼り付け、合計だけを計算して右下に記入していきましょう。
これなら、ノートにレシートを挟んでおきさえすれば少しくらいさぼっても後から簡単に取り戻せます。「こんなことで?」と思うかもですが、1ヶ月分のレシートを見ると節約する気になるのですよ。

 

慣れてきたら、項目ごとの合計金額を追加していくのも良いですよね。
これだと、何にどれだけ使っているかが一目瞭然にわかるようになります。
項目は、

  • 食費
  • 水光熱費
  • 交通費
  • 通信費
  • 交際費
  • 被服費
  • 教育費
  • 保険
  • 医療費

など、他にもたくさんありますが、主なものだけまとめると長続きしますよ。このデータがあれば、どこをどう節約すれば良いのかも自然にわかってきます。

 

交際費や被服費などは、とにかく少なくなるようにコントロールできると良いですよね。
食費などはスーパーの安売りだけを利用するなど工夫ができますが、あまりここを切り詰めると医療費がかかる結果となることもあるのでやりすぎは禁物です。

 

スポンサーリンク

 

光熱費+通信費の見直し

 

電気料金などは、本当に今の生活に最適なものなのか契約アンペアから一度見直してみましょう。特に今は電力会社を選べるので、千円でもお得になる会社に乗り換えるチャンスです。
同時に契約アンペアも見直せば、基本料金からぐっと下げられ最高の家計節約方法になるはずです。

 

支払いはできればクレジットカードを選ぶと、ポイントが溜まって少しお得になります。また、2017年には都市ガスも自由化されるのでこれも節約に期待が持てますよね。

 

さらに、携帯やスマホなどの通信費は、油断すればかなりの金額になってしまいます。スマホの場合には格安SIMに変えるだけで、1か月1000〜2000円程度まで抑えることが可能です。
ただし、長時間通話すると逆に高くなる可能性もあるので注意が必要でしょう。

 

ネット銀行のすすめ

銀行を使う場合にはネット銀行がおすすめです。普通預金の金利が都市銀行よりも微妙に高かったり、振込やATM使用料が無料というところがほとんどです。開設はどこも無料なわけですから、一つ開けておいて損はしません。

 

やはり、家計節約方法の基本は家計簿にあるようです。気楽なレシート貼り付けから始めてみませんか?

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

家計節約方法【ざくざく貯まる!かんたん家計簿のコツとは?】記事一覧

エアコンを節約したい

エアコン代を節約!今すぐできる4つのポイント家庭での電気使用量が多いのは、1位がエアコン、2位が冷蔵庫です。特...

オール電化をを節約したい

オール電化の節約方法【メリットいっぱい!オール電化の家の節電対策】気は空気が汚れることもなく大変手の良いエネル...

収入がない人のためのお金節約方法|生活を改善するコツ収入がないのは精神的にも厳しい状況ですよね?生活を見直すた...

ガス代節約方法!年間1万以上節約するには?ガス代って1ヶ月の請求金額を見ると愕然とする時がありますよね・・・。...