生活保護とパチンコ

意外ですか?パチンコはOKなんです

「生活保護でお金をもらってるのにパチンコなんて・・・」そう思う人も多いと思います。
地域によっては最低賃金よりも高いなどといわれる生活保護費ですが、生活保護費はもうこれ以上自力で生活していくことは無理、となった場合に受給できるものですよね。

 

でも、意外なことに受給した分はどのように使うかは本人の自由なのだそうです。例えば、食べるものも食べずに大好きなパチンコにつぎ込むのも、別に法律で禁止されていることではないのです。
といっても、さすがに限度というものがありそうですよね。

 

いったいどこまで好きに使って良いのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

パチンコをしても良い理由

パチンコでお金なくなる

生活するのにもらったお金をパチンコでなくしてしまったら、「え?」と思う人も多いと思います。ですが、人間は、誰しもが健康で文化的な最低限の生活を送れることが憲法で定められています。
そして、病気などさまざまな原因でそれが叶わない人ために生活保護制度が設けられています。

 

しかし、生活保護費とは最低限の生活を送る為に必要な費用なので、この費用を受給しているからといって、健康で文化的な最低限の生活に制限が加わることではないのです。

 

このような理由から、パチンコをする自由もあるということになるわけですね。一般の人でも、ちょっとした楽しみとしてパチンコに興じるのはごく普通のことです。

 

支給中止になる可能性も

そうはいっても、パチンコなどのギャンブルはあまりに度が過ぎればやはり支給中止の理由になってしまうようです。

 

例えば、あまりにパチンコが好きすぎて、禁止されていないのをいいことに毎日通ったとします。

 

すると、「病気が働けないというから生活保護が受給しているのに、毎日パチンコ店に通えるのはおかしい」ということになってしまいます。

 

パチンコに通えるくらい元気なら、受給はストップさせて働きなさい、というわけです。病気なら、病院に行く以外は安静にして少しでも早く良くなるようにするのが当然だからです。

 

スポンサーリンク

 

どのくらいなら許されるのか

ではどのくらまでならいいのでしょうか。もちろん、何か基準があるわけですありませんが、普通のサラリーマンが興じる常識の範囲内なら問題なさそうです。

 

例えば、週に3〜4時間程度なら良いのではないでしょうか。

 

勝てば申告の必要がある

このように、適度ならパチンコをする自由があるわけですが、腕がいいからといってやたらと勝ってもそのまま収入とはなりません。

 

何故なら、生活保護受給中に得た収入はどんなに少額でも申告する必要があるからです。あまりに収入が多ければ、当然受給はストップとなるでしょう。

 

また、申告せずに高価な家電でも買えば、ケースワーカーに疑問を持たれることになります。密告される場合もあるので、申告はきちんとしておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

この記事もよく読まれています