クレジットカードが払えない

クレジットカードが払えない

クレジットカードが払えない・請求書

 

クレジットカードの請求書が来て「払えないどうしよう・・・」という人は、統計的にも少なくありません。
つい油断して大きな買い物をしてしまうと、支払日に払えないということになり兼ねません。

 

現金と違ってお金を払っているという意識が薄れるクレジットカードは、ついつい気が大きくなって大きな買い物をしてしまうのです。

 

では、支払い日に払えないとどうなってしまうのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

支払いの延滞でおこること

支払いを延滞すると、まずは、ハガキなどで未納分の振込み先案内や再引き落とし日の案内などが来るでしょう。カード会社によっては、支払日に引き落としが確認されないと即日で利用停止になる場合があります。

 

次の日にいつものようにお店でクレジットカードを出したら使えなくなっている、ということになるのです。これではちょっと恥ずかしいですよね。
払えなかったら、カードが止まるということを念頭に入れておきましょう。また、遅れて支払ったとしても、利用できるようになるまでには何日かかかることが一般的です。

 

利用限度額が引き下げられる

案内が来ても払えないでいると、たいていはクレジットカード会社から督促の電話がきます。この電話は、つながるまで根気よく続くのが特徴です。

 

これを放置していると、やがてはクレジットカードの利用限度額引き下げが行われるでしょう。また、キャッシング枠が利用停止になることも考えられます。

 

スポンサーリンク

 

強制解約される

そして、それでも払えないでいると、最悪の場合、強制解約されることになります。
強制解約となれば、もちろんブラックリストに載ることにもなります。

 

ブラックリストに載ると、さまざまな制約を受けることになります。他のクレジットカードを作ろうにも、信用情報機関に載ってしまうのでできなくなり、住宅ローンや自動車ローンなども契約できなくなってしまいます。
これは、もう完全に信用をなくしてしまった状態といえますね。

 

訴訟を起こされて一括請求が来る

借りたお金は返さなくてはなりません。
その後、クレジットカード会社は、返してもらうために訴訟を起こすことになるでしょう。すると、滞納した分すべてが一括で請求されることがあります。

 

ただでさえ払えない状態なわけですから、一括ではとても無理というものですよね。ここは、クレジットカード会社にお願いをして、どうにか分割払いにしてもらうしかありません。中には断固として応じないところもありますが、交渉しだいで応じてくれるところはたくさんあります。

 

そうならないために出来ること

このような状況にならないためには、今月払えないかも・・となった最初の段階で手を打っておくことです。例えば、最近の消費者金融には30日間程度無利息で借入れできるところが結構あります。

 

とりあえず借入れをしてクレジットの返済に充て、給料が入ればすぐさま消費者金融に返済すればよいのです。これなら、完全無利息でクレジットカードの返済もまかなえるのです。
クレジットカードは今や現代人の必需品のようなものですよね。決済はサインまたは暗証番号を入力するだけと簡単だし、現金払いではあり得ないポイントが少しずつでもたまっていきます。ポイントも上手に貯めれば現金ように使えたりします。

 

でも、使いすぎて払えない状況にはってしまっては本末転倒です。何かのCMのワンフレーズですが、ご利用は計画的に・・・です。

 

スポンサーリンク

 

 

▼この記事もよく読まれています