電気代の未払いで止まるのはいつ?

電気代の未払い 電気はいつ止まる?

 

電気は生活する上で必要不可欠なものです。でも、日々生活するので精いっぱいだと、どうしてもお金が回らなくなることってありますよね。
そんな時に電気代などの公共料金はつい後回しになってしまいませんか?

 

電気代の未払いが続くと電気はいつ止まるのでしょうか?
送電停止となるまで流れを、勘違いしやすい点をフォローしながら話を進めます。

 

スポンサーリンク

 

滞納から、送電停止までの流れ

 

まず知っておきたいのが、いつから滞納と判定されるかです。
誤解されやすい点なのですが、電気料金の支払義務は電気の検針日から発生します。
勘違いされやすいのですが、請求書(振込用紙)の作成日とかではないのですね。

 

お住まいの地域の電力会社によって多少違いはあるかもしれませんが、東京電力を例にしてお話しますね。
東京電力の場合は、検針日から30日目が支払期限日となって、これ以降が滞納となります。
このため、30日を過ぎて支払がないと、一日あたり約0.03%遅延金が発生します。

 

検針日からおよそ2か月で送電停止

引き続き、東京電力を例にします。
支払期限日から20日を過ぎても未払いの場合は、あらかじめお知らせをしたうえで送電が停止されるようです。
言い換えると、電気の検針日(支払義務の発生日)からおよそ2か月で電気が止まるということですね。

 

スポンサーリンク

 

 

電気が止めらることを送電停止といいます。
そうなる前に、督促状や「送電停止のお知らせ」が届くようになっています。いきなり、予告なく止めらられることはありません。

 

実際のところ、電気がいつ止まるかは、各電力会社によって異なります。
電気が生活に欠かせないものだから見逃してくれるとか、何回も催促してくれるとか、そうゆうことはなくて、通知を無視していると本当に止まります。
水道代の滞納より、止まるまでの猶予期間も短いです。

 

送電停止期限までに支払をすませれば、電気は止まらないですみます。
検針日から30日以内が最初の支払期限日なので、振込用紙で支払っている場合は、ついうっかり忘れて30日を超えて督促状が届くことも珍しくありません。
この時にすぐに支払えばまだ電気は止まりません。

 

どうしても支払いが遅れる時は

どうしてもお金がなくて支払いがすぐにできないと言う時には、電力会社のカスタマーセンターに連絡を入れておくと良いでしょう。

 

電気を止めないでいてくれるかどうかは、電力会社によるようです。
ですが、全く相談にのってくれないということもないようです。数日間程度の猶予はしてくれる場合もあるようですから、何もしないよりは連絡しましょう。

 

といっても、これで必ずしも電気を止められずに済むわけではありません。でも、きちんといつまでに支払えると確実な話しをすれば、数日間程度の猶予はしてくれる場合もあるようです。

 

もしも電気が止まってしまったら?

滞納していた電気料金と延滞金を支払って、電力会社に連絡をすると、数時間で送電が再開されるようですが、対応は各電力会社で異なります。

 

繰り返しになりますが、いつ電気が止まるかの起算日は検針日ですよ。
検針日(支払義務の発生日)からおよそ2か月で電気が止まります。

 

督促状が届いてから2か月ではありません。未払いでいると意外と早く電気が止まる日がやってくるので要注意です。

 

スポンサーリンク

 

 

この記事もよく読まれています