税金を滞納と住宅ローン

税金を滞納しても住宅ローンを払うべき?

住宅ローンと税金

生活していくにはさまざまところにお金が必要になるもので、時にはどこにも支払えない状況に追い込まれることもあります。
そんな時に、多くの方が最初に滞納するのが税金です。

 

住宅ローンなどを滞納すれば住む家を失うのではないかという恐怖感があり、税金を滞納してでも住宅ローンを一生懸命払ったりするのです。でも、これは本当に正しいことなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

任意売却もできなくなる

住宅ローンを滞納すれば、確かに競売にかけられるか任意売却するかを迫られることになります。住む場所のことなので、気持ち的な優先順位は高いですよね?

 

一方の税金はといえば、少しくらい滞納してもすぐに取り立てられるわけでもありませんし、万が一差し押さえられたとしても、実際のところ、わずかな滞納税のために自宅が売り飛ばされることはありません。
そもそも、住宅ローンという抵当権があるので自宅が公売にかけられることもないのです。

 

といっても、取り立てのためにお役所が不動産の差し押さえをすることは決して珍しいことではなく、民間企業のように裁判を通さずとも差し押さえができるという強みもあります。

 

もしも差し押さえられれば、任意売却しようと思った場合には最初に差し押さえを解除してもらわなくてはなりません。
その交渉には少なくない労力が伴うといって良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

役所の取り立ていろいろ

税金を滞納したことによって役所が取り立てるものは他にもたくさんあります。役所にとってメリットとなるのは銀行預金の差し押さえでしょう。
ある日突然、口座がゼロ円になっていたということもあり得るのです。

 

また、給与や売掛金の差し押さえもよくあります。
何しろ勤務先や所得などは完全にバレているわけなので、役所にとっては非常に簡単なことといえます。
これが実行されれば社会的な評価はかなり下がってしまうでしょう。

 

さらに、役所は自宅に上がり込んで現金や家電などの金目のものを探し回るといったこともします。
このようなことは民間企業では考えられないことで、「税の公平性の確保」の観点から強硬手段に出る役所にしか出来ないことです。

 

これにより獲得したものはヤフオクなどでも売買されているので、一度チェックしてみると良いでしょう。

 

このように、税金を滞納すればさまざまな手段でお役所は取り立てに来ます。
住宅ローンを払えるのに税金を滞納しているとなれば、悪質滞納者のレッテルを貼られかねません。

 

住宅ローンも滞納が続いた場合、任意売却が一番良い方法ですが、それもできなくなるのが税金の滞納なのです。

 

スポンサーリンク

 

 

▼この記事もよく読まれています